トップ

学校で遊ぶ事の大切さ

学校では遊びましょう

学校生活の中の遊びの意義

大人の中には、学校生活において遊びは必要ない、という意見があるかもしれません。たしかに、日本には義務教育という制度があり、学校に行くからには子どもたちは勉学に励む必要があります。しかし、その休憩時間における遊びには、教育的意義があるにしろないにしろ、仲間たちとの協調性などの社会勉強をする大切な意義があります。子どもたちには、大人に管理されない自由な空間という社会的集団の中でのびのびと楽しむことを学び、知識や物の豊かさだけでなく、心の豊かさを獲得し大切にしてほしいです。それは、子どもたちが大人になった時にも活かせるものになります。

優秀な生徒

遊びを通して学ぶこと

遊びは、人が成長するにあたってとても大切な行動のひとつです。小学生の頃、休み時間になると、時間が少ししかなくても元気よく体を動かして遊んだりしたことがありますよね。一般的に言うと、学校という場所は、何かを学ぶところです。教科などの勉強のほかにも大切なことを学ぶ場で、大人になった時に必要な、基本的な知識や知恵、社会のルールなども同時に学んでゆきます。通っているときはきっとそこまでは考えず、がむしゃらに勉強したのではないでしょうか。学校に行けば、仲間がたくさんいて、仲間とのかかわり方で人間性が作られていきます。遊びの中にあるルールも、自分たちなりに考えて皆で楽しく過ごせるように工夫します。大切なことは、決して教科を勉強することだけではありません。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校で遊ぶ事の大切さ. All rights reserved.